葬儀の中心告別式に対するニーズ

葬儀の中心告別式に対するニーズ

今まで、葬儀と言えば、いつも流れが決まっているものばかりでしたが、最近は、色んな変わったものや独特のものに出会うことが多くなりました。
珍しい周波の場合の床几の新鮮さというのに、たまに出会い驚くことがあるのですが、それでも葬儀の決まった流れの安価で行われていますので、躊躇することは全く在りませんでした。
最近の葬儀には、家族葬もふえて、家族や親しい人達だけで満足できる故人ののためのものを作り上げるという目的があるようで、葬儀会社に対する今までとは違うニーズが次々と出されることもあります。
故人の亡骸を常に同じ位置に固定して、いつも遺族や親しい人達が見たり、話しかけたりすることができる状況にすることも、そのひとつです。
一般的に告別式会場と遺族達のくつろぐ休息部屋の両方がセットになっておりますが、会場を使わずに、深夜と同様に休息部屋にずっと故人を安置して、形式にこだわらず好きに告別式を行うというものなどは、臨機応変に慣れていない葬儀会社は、式場を利用しなくても、その分の料金を請求するようです。
そのため、無理矢理にでも式場に故人を安置して、告別式を行う喪主も多くいます。
私のであった葬儀は、親しい人達と親族だけの小さな告別式でしたが、大きなホールで、友人葬による、形式にこだわらないお経三昧の式でした。
本当は休憩部屋の故人の安置場所から移動させずに、来ている人達みんなで談話できる距離の中で、お経をあげたかったそうです。

昔ながらの葬儀会社には、基本プランがあり、それにオプションをつけていくと言うことになりますので、臨機応変に行うことができないところがあるようです。
大切な赤ちゃんを失った友人の葬儀には、寝起きできる家族の控え室で全てを執り行えました。
告別式の会場を利用しない分を、子供の好きな花を供えてもらったり、精神的に参ってしまっている本人や遺族のための食品の補充に充てたりもできたようです。
告別式は葬儀の中でも、故人に対する思いの表出する、一番荘厳で大事な場面です。
融通の利かない葬儀に出会う度にどのようにしたいか、そのニーズを叶えることのできる葬儀会社に依頼をしたいものだと思います。

葬式・葬儀に興味がある方への参考サイト♪

Copyright (C)2015葬儀の中心告別式に対するニーズ.All rights reserved.